乳頭亀裂の治し方2選!授乳で乳首が切れたらこのクリームが最強!

涙がにじみ出るほど痛い乳頭亀裂。

痛くても、赤ちゃんがお腹を空かせたら、

歯を食いしばって授乳しなければいけない。

いつも思います。母は強し・・・。

早く治したいけど、赤ちゃんが口をつけるから薬は…

でも、少しでも早く治したい!

そんな時に、色々試してみてわかった

・簡単な治し方

・治りがぐんと早くなると思ったクリーム

 

この2つを紹介します。

乳首が切れたらどうする?

乳首が切れたらどうしたらいいのか?

方法は2つ!

①母乳ラップ

②クリームラップ

実際に早く治す方法はこちら!

 

母乳ラップの方法

家に特別なものが何もなくてもいい!

母乳が出ていればできる方法です。

①授乳の間に、母乳で乳首を湿らせる。

②5㎝四方に切ったラップを上からかぶせて密着させる。

③授乳の時にラップを取り換える。

 

ラップを使って患部を密閉し、湿度を保つことで、
傷が体液の中で早く治る。

口の中の傷が治りやすいのと同じ原理です。

 

 

注意点:

長時間つけすぎると、 蒸れてかゆくなることも。
授乳のタイミングで、ラップは取り換えましょう。

この方法はとってもお手軽で、何もしないよりかは、治るのは早かったです。

 とりあえず、すぐにできることないの?という人にはおすすめ!

次は、更に最強!

治りが断然早くなるクリームを紹介します!

 

家にあると心強い!乳頭の裂傷にはこのクリーム!

私の場合、母乳ラップよりさらに、効果的だったのが、このクリーム!

 

メデラ  ピュアレーン100 (Medela 乳頭保護クリーム)

原材料:天然ラノリン 100%。(羊毛に付着している羊脂を精製して得られるクリーム)
原産国:スイス

価格:1,080円(7g)

2,380円(37g)

 

・乳首の水分バランスを正常にし、保護バリアを形成する。

授乳の前に拭き取る必要がない。

・赤ちゃんの乾燥した肌に使用することもできる。

・アマゾンの評価↓

 

実際に使ってみると、とってもコックリとしたワックスです。

夏場などは、少し緩くなります。

実際の商品がこちらです↓

手に出してとってみると、こんな感じ↓

ピュアレーンの使い方

使い方も簡単!

先ほど紹介した母乳ラップと方法は一緒です。

「母乳を塗る」⇒「ピュアレーンを塗る」

母乳が出ていればできる方法です。

①授乳の後に、ピュアレーンを塗る。

②5㎝四方に切ったラップを上からかぶせて密着させる。

③授乳した後、ピュアレーンを塗り、ラップを取り換える。

(授乳の前に拭き取る必要はありません)

蒸れてかゆくなってないかだけ、気にしてくださいね。

薬ではないし、成分も安全で口にはいっても大丈夫!

 授乳の時にふきとらなくてOKなのがうれしい!

 

実際に私が使ってみた口コミを書いています↓

 

ピュアレーンを実際に使った口コミ

私の場合、授乳の時に我が子に乳首を噛まれて傷ができたのですが、

二回目の時、母乳ラップをしました。

 いいね~!前回より治りが早い!

でも、次、もし切れた時、もっと早く治したい!

そう思ってたどり着いたのが・・・

「メデラ ピュアレーン」

そして、いよいよ使うときが!(うれしくはないんですが)

患部とその周りに多めにぬりぬり。そしてラップ。

授乳の時ラップはずして、授乳。そして、またぬりぬり。

さすがです!

めちゃくちゃ早く治りました!

私の場合、治るのに2日かかりませんでした。

しかし、残念なことに(?)

その後、乳首が切れることはなくなり、お蔵入り…。

いやいや、嬉しいことなんですが。

でも、使わないのはもったいないな~。

(普段から予防目的で塗るというのが実は推奨されているんですが…)

そこで!

 乳首の切れにいいなら、唇が切れた時に塗るのもいいかも!

はい、正解でした。

私は、冬に唇が割れやすいんですが、

割れた時に塗っておいたら、あっという間に治るんです。

 唇パッカーンとおさらば!

さらに、普段から塗っておいたら、唇が割れなくなりました。

まさに、最強のリップ!

「〇ンソレータム」とかが雑魚のように思えてしまいます。

失礼しました。

 

話はそれましたが、

それぐらい、この「ピュアレーン」が最強ということです(笑)。

「ピュアレーン」には、7g入りと37g入りがあります。

・乳首が切れるのを予防するのにも使う

・まだまだ授乳時期は長い

 

という人なら37gがおすすめです。

・もうすぐ断乳・卒乳を迎える

 

そんな人は7gで十分。

もし、余っても、唇に!

 1つ家に置いておくと、すこぶる安心!

とにかくオススメです!

 

母乳の出が悪い人に役立つ情報を書いてます↓

しこりやつまりに悩んだことがある人はコチラ↓

母乳育児をしていると、悩んだり、落ち込んだり、痛かったり。

辛いこともあります。

でも、赤ちゃんが「おっぱいを飲んでくれる」

母親のぬくもりと愛を心と全身でうけとめられる。

そんなの人生で今だけです!

人に相談しながら、煮詰まらず、母乳育児を楽しんでください。

Enjoy母乳ライフ!!!応援しています☆

 

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

クリックしてもらえると励みになります↑