乳頭マッサージのオイルおすすめ5選!妊娠中からおっぱい乳首ケア!

2018年11月21日

妊娠すると、分からないことが、たくさん出てきますよね。

母乳を赤ちゃんに飲ませてあげたいから、

乳頭マッサージしようと思うけど、どんなオイルがいいのかな?

っていうのもその一つ。

妊娠線予防に使っているものじゃダメ?

家にある「マッサージオイル」じゃダメ?

「専用のオイル」や「おすすめのオイル」ってあるのかな?

こんな疑問をスルッと、解決していきましょう!

乳頭マッサージのオイルって妊娠線クリームじゃダメ?

「オイル」選びをするには、「乳頭マッサージ」の【目的】を知っておきましょう。

乳頭マッサージの目的は…

①乳頭の伸びを良くして、やわらかくする。

 

②授乳期のトラブルに強い乳頭にする。

 

③乳首に詰まっている白いカス(母乳の乳垢)をとる。

 

この3つです。

この3つの目的にあった「オイル選び」をしましょう。

では、どんなものがいいのでしょうか?

今使っている「オイル」や「クリーム」では、ダメなのでしょうか?

見ていきましょう!

 

今使っている「オイル」「クリーム」のここに注意!

乳頭マッサージの「オイル」を選ぶ時は、次の基準を満たしているか見てください。

【選ぶポイントとは?】

 

①摩擦によって乳首を痛めないように

「伸びの良いオイル」

 

②敏感な肌組織の乳首に塗るので

「人の肌の成分に近いオイル」

 

③妊娠期は特に肌への刺激と赤ちゃんへの影響を考えて

「安全でシンプルな成分のオイル」

 

④乳頭マッサージの目的あった

⇒「皮膚を柔らかく丈夫にするオイル」

どうですか?当てはまっていますか?

 え? 結局、妊娠線予防のクリームでいいの?ダメなの?

って思った方もいるかもしれませんね。

では、使って良い「オイル」や「クリーム」なのか【実際に成分を見て】調べてみましょう!

成分がわかるものが、お手元に用意できる人は、ご用意くださいね。

 

今使っている妊娠線予防オイルやクリームを調べよう!

もし、「妊娠線予防」や「マッサージ」に何か使っているなら、その成分を見てください。

①摩擦によって乳首を痛めないように

「伸びの良いオイル」

「妊娠線予防」や「マッサージ」用の「オイル」や「クリーム」なら、おそらく伸びは良いハズなのでこのポイントはOKですね。

②敏感な肌組織の乳首に塗るので

「人の肌の成分に近いオイル」

「人の肌の成分に近いオイル」とは

・馬油

・ホホバオイル

・アーモンドオイル

・ライスオイル など

③妊娠期は特に肌への刺激と赤ちゃんへの影響を考えて

「安全でシンプルな成分のオイル」

成分表を見たらよくわかると思います。

こんな感じで色々ごちゃごちゃ入っているのは、○○無添加とか言っていても

 しょせん、添加物だらけ!刺激あり!毒性あり!

って考えてください。

お腹ではなく、とっても「皮膚が敏感な乳首」に塗り込むので、成分は十分に注意して選んでくださいね。

①「100%純粋な植物性オイルや馬油」

もしくは、

②「馬油や植物性オイルベースに効果的な成分が入っているもの」

であれば、そのまま使ってOKだと思います。

④乳頭マッサージの目的にあった

⇒「皮膚を柔らかく丈夫にするオイル」

乳頭マッサージをする目的は、乳頭の伸びを良くして柔らかくすることなので、

こんな効果があるものはNGです。

・引き締め効果

・痩せる、スーッとする など

 

余計な効果や、むしろ逆効果だったりするものじゃないか、調べてくださいね。

 「シンプル」「伸びが良い」「安全性が高い」「人の肌に近い」がポイント!

では、いよいよ!

「専用ではないけど…おすすめオイル」

「乳頭マッサージ専用…おすすめオイル」

を紹介します!

乳頭マッサージに使っても安心なおすすめオイル

〇専用ではないけど「おすすめオイル」から見ていきましょう!

「専用オイル」ではありませんが、「肌に近い成分で」「シンプルで」「安全で」「伸びが良い」オイルを紹介します。

「おすすめのオイル」は…

アーモンドオイル

ホホバオイル

馬油

この3つです。

3つとも、「肌に近い成分で」「シンプルで」「安全で」「伸びが良い」オイルです。

【アーモンドオイル】

まずは、人の肌に近く、吸収も良い、「アーモンドオイル」です。

【効果】

皮膚軟化作用、水分保持作用、消炎作用、鎮痒作用など

 

酸化しにくく、皮膚軟化作用があるので、乳頭マッサージにはピッタリ!

ゆっくりと浸透していくタイプですが、表皮のさらに下にある、真皮まで作用すると言われています。

1つおすすめを紹介します。

 

spa hinoki オーガニック スイートアーモンドオイル

価格:1,800円(100ml)

原材料:アーモンドオイル

 

・オーガニック

・Amazonでの口コミが4.3と高評価

・冷圧搾法(コールドプレス)で成分を壊さないよう抽出したピュアオイル

 

「アーモンドオイル」なら「安全性・品質・価格」トータルで見て、

この商品が【ずば抜けて優秀】。

妊娠中⇒ 妊娠中の足のむくみ」や「妊娠線予防」のマッサージ。

産後⇒ 赤ちゃんの保湿、お尻のケア、お母さんの胸や乳首、全身に。

 アーモンドオイルは、皮膚軟化作用があるので乳頭マッサージにはもってこい!

 

【ホホバオイル】

美容液などにも最近よく使われている「ホホバオイル」。

【効果】

皮脂バランス調整作用、保湿作用、殺菌作用、反バクテリア作用、抗炎症作用、乾癬・湿疹の改善、消炎作用、関節炎・リウマチの緩和など

 

極めて酸化しにくく、馴染みやすく浸透しやすいオイルです。

おすすめを1つ紹介します。

 

spa hinoki オーガニック ホホバオイル

価格:2,000円(100ml)

原材料:ホホバオイル

 

・オーガニック

・Amazonの評価は4.1と高評価

・冷圧搾法(コールドプレス)で成分を壊さないよう抽出したピュアオイル

優秀ですね~。

「せっかくなら、乳首だけでなくて、お顔にも、お腹にも!」っていう人にうってつけ!

 ホホバオイルは、「お顔の美容もついでにしたい」という人にぴったり!

 

【馬油】

【最も優れたスキンケア成分】=人間の皮脂

馬油は、人間の皮脂に、もっとも近く、ものすごく浸透するオイルです!

吸収力抜群!伸び抜群!

【効果】

抗菌作用、消炎作用、保湿作用、血液循環促進作用、傷や火傷の修復作用 など

 

馬油はその作用で、乳頭を強く、健康状態にしてくれます。

しかも!

 もし、授乳で乳首を痛めた時にも、馬油は必須!

治癒能力が高いので、馬油を塗ると早く治ります。

授乳中は乳首に安易に薬は塗れないので「馬油」は強い味方なんです!

吸収力抜群!伸び抜群!治癒能力まであり!

そんな馬油のおすすめを一つ紹介します。

 

日本創健 ナチュラル馬油 

価格:2,700円(60ml)

原材料:馬油、トコフェノール(天然ビタミンE)

 

・完全放牧で育った馬のたてがみの脂肪のみ(※たてがみの脂肪…馬油の最高ランクの部位)

・潤いが角質層まで浸透

・伸び良さが抜群

産婦人科、助産院で出産時の産道裂傷・乳頭亀裂に使用実績

・薬品を使わず、低温でゆっくり抽出

・匂いや色をとる精製をしていない

なぜ、この「馬油」がオススメなのか…。

◎馬のたてがみ部の脂肪しか使っていない。

 

臭みや色をとる精製をしていないので、有効成分が他の物より豊富。

 

◎人の肌より低温で、時間をかけて丁寧に抽出している。

 

助産院などでの使用実績が20年以上ある。

 

 

他の「馬油」製品は、臭気をとるための精製をして、馬油本来の効果を半減させてしまっています。

◎乳頭マッサージに

◎妊娠線予防のマッサージオイルとして

◎産後の赤ちゃんの保湿やおむつかぶれに

◎授乳で乳首亀裂した時の治癒に

1本あれば、産前、産後、何かと役に立つ優れものです。

あれこれ、そろえなくていいのが嬉しいですね。

 乳頭マッサージにぴったり!産まれてからも出番が多い!万能選手です!

 

ここまでに紹介したものは、「乳頭マッサージ専用」ではありませんが、「乳頭マッサージ」に使うのにぴったりな「オイル」です。

次は、やっぱり安心!効果的!「乳頭マッサージ専用のオイル」を見てみましょう!

 

乳頭マッサージ専用のおすすめオイル

〇「専用のオイル」を見ていきましょう!

「専用のオイル」は…

①専門のメーカーが研究して

②「妊娠期の乳頭」に良いものを厳選し

③効果的にオイルを配合している

だからこそ…

安心感がある ◎効果的である

と言えます。

とはいえ、「乳頭マッサージ専用のオイル」っていうのは、とっても少ないんです。

少ないというか、2つしか見つかりません。

それが、この2つ↓

ヴェレダ「マザーズ ブレストオイル」

AMOMA「カレンデュラオイル」

 

ヴェレダ マザーズ ブレストオイル

価格:2,376円(50ml)

原材料:アーモンド油、香料(天然エッセンシャルオイル)

 

・スキンケアのメーカー

・口コミの評価は4.3と高評価

私の個人的な意見です。

 正直、量の割に高い!

しかも、成分は「アーモンドオイル」なので、

それなら、先ほど紹介した、純粋な「オーガニックアーモンドオイル」の方がいいかなぁと思います。

一応、数ずくない、専用オイルなので紹介しました。

「専用オイル」なら次の商品が本命です↓

 

AMOMA カレンデュラオイル

価格:2,314円(160ml)

原材料:コメヌカ油、オリーブ油、トウキンセンカ花エキス、トコフェロール

 

・オーガニック

・口コミの評価は4.5と高評価

・100%植物性

会陰マッサージにも良い

・トウキンセンカ花エキス(カレンデュラ)が配合されている

「乳頭マッサージ」と「会陰マッサージ」のオイルです。

会陰の部分は、とくに肌が敏感で、吸収率も高い、肌組織です。そこに塗っても、安全で有効的なので、

もちろん「乳頭」にも安全で有効的なオイルということです。

◎「米ぬか油」

⇒ 保湿力肌を柔らかくする力

 

◎「オリーブ油」

⇒ 肌バリア機能

 

◎トウキンセンカ花エキス(カレンデュラ)

⇒ 抗菌作用、抗炎症、鎮痛作用、清浄作用、保湿、血行促進。

(マリーゴールドの抽出液。欧米では昔から、外傷や湿疹の治療に使用されています。)

このように、【AMOMA カレンデュラオイル】は

「乳頭マッサージに欲しい力」を集めた「専用オイル」です。

公式HPには、商品の詳しい説明と、会陰マッサージと乳頭マッサージの図解もあるので、参考になりますよ。

>公式HPはこちら

 

伸びの良い乳首を目指して、今から準備しておきましょう!

 

母乳の準備をしておこう!

出産までに、「乳頭マッサージ」をして、

少しでも、授乳による乳首のトラブルを最小限に抑えましょうね!

そして、楽しい母乳育児ができますように!

応援しています!

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ

クリックしてもらえると励みになります↑